交通事故・違反の法務はお任せください

交通事故・違反の法務はお任せください

交通事故・違反の法務相談室

〒176-0006東京都練馬区栄町46-3
営業時間に限らず事前のご相談により対応いたします。

03-5912-1703

営業時間

平日10:00~19:00
(土日祝は12:00~17:00)
不定休・営業日はこちらから

お気軽にお問合せください

「駐停車禁止」による違反②(無余地・駐車方法)

「駐停車禁止」による違反②(無余地・駐車方法)

いわゆる駐車違反には以下のような種類があります。

(1)駐停車禁止場所違反

(2)駐車禁止場所違反

(3)無余地場所違反  ジャンプ

(4)駐車方法違反  ジャンプ

(5)高齢運転者等標章自動車の停車または駐車の特例

(6)時間制限駐車区間での違反

(7)高速自動車国道などにおける違反

(8)駐車禁止除外指定車

 

この(1)~(8)のうち、こちらのページでは(3)無余地場所違反と(4)駐車方法違反をご紹介いたします。(1)(2)は前のページ、(5)以降は次のページにてご紹介いたします。

(3)無余地場所違反

無余地場所違反とは、道路上に車両を駐車したとき、道路上に決められた余地が確保できないような道路は駐車を禁止する場所として定められています。この無余地場所違反は「法定無余地場所」と、「指定無余地場所」があります。

法定無余地場所とは

道路の左に寄せて駐車したら、右側には3,5メートルの余地が必要

法律で決められた駐車時の「余地」は以下のようになります。

 

正しい駐車方法をしたときに、駐車をした車両の右側の道路上に3.5メートル以上の余地が必要

 

つまり、正しく駐車したとき(道路の左端に寄せて駐車するなど)、右側に3.5メートル以上の余地ができない場所は、駐車違反となります。

それでは正しく車両を駐車できていない場合、例えば道路の左に寄らずに駐車してしまったとき、「無余地場所違反」となるかどうかはどのように判断するのでしょう。

 

下記の図のケース①は本来は道路の左に寄って駐車しなければならないのに、少し間を空けて駐車してしまっています。このとき、Bが3.5メートル未満であったとしても、直ちに無余地場所違反になるわけではありません。それは、もし正しく左端に寄せて駐車をすれば3.5メートル以上の余地が確保できるかもしれません。そのような道路では無余地場所違反となる道路にはなりませんので、A+Bが3.5メートル未満であった場合には、無余地場所違反となります。

 

ケース① 道路の左端によらずに駐車

ケース② 路側帯の内側に0.75mの余裕があるのに、それに寄らずに駐車

上記の図のケース②も同様に、A+Bが3.5メートルの余地があるかどうかで、無余地場所違反となる道路かどうかを判断します。

 

ただし、ケース①もケース②も、余地が3.5メートル以上あれば無余地場所違反とはなりませんが、そもそも左に寄って駐車をすべきというルールに従っていませんので、駐車方法違反として取締りの対象となる可能性があります。

指定無余地場所

指定された余地が6mの標識

法律では最低限の余地を3.5メートルとして決めていますが、道路によっては3.5メートルでは適切な余地とは言えない場合もあります。そのようなときは道路標識により、指定された余地が確保できない道路では無余地場所違反となります。

 

こちらの駐車違反の標識の下に「駐車余地6m」の補助標識がついています。このような道路では余地は指定された分だけ確保できなければ違反となってしまいます。

(4)駐車方法違反

基本となる車両の駐車の方法はこちらです。

 

できる限り道路の左側端に沿って駐停車しなければならない

 かつ

他の交通の妨害とならないようにしなければならない。

 

この駐車方法に従わない駐車は違反となります。「左側端に沿って」とは「進行方向に向かい、かつ、道路と並行して」ということです。そのため、特に指定がないにも関わらず、進行方向に対して逆向きでの中止や、道路に対して斜めであったり、垂直に止めることは違法な駐車です。

路側帯での駐車方法

路側帯がある道路での駐車方法は少し覚えにくいのでこちらでご紹介します。この駐車方法に従わない場合は駐車方法違反となってしまいます。

なお、路側帯が駐停車禁止路側帯(実線と破線)や歩行者専用路側帯(白線2本)の場合は路側帯に沿って駐車します。

以下の図のケース①の場合、路側帯の幅が0.75メートル以下しかない場合は路側帯に沿って駐車します。

 

以下の図のケース②の場合、路側帯のが幅が0.75メートルより広い場合は、路側帯に入り、道路の端より0.75メートルを空けて駐車します。

ケース①
路側帯の幅が0.75m以下

ケース②
路側帯の幅が0.75m以上

ケース③
路側帯の幅が0.75m以上で車両がスッポリと入ってしまう

上記の図のケース③の場合、路側帯の幅が0.75メートル以上あり、しかも車両がスッポリと入ってしまうよな幅であれば、車両の右側を路側帯に沿って駐車します。

駐車方法の指定

原則の駐車の仕方は進行方向に向かい、道路に平行に駐車します。しかし、駐車方法が標識や表示により指定されている場合はそれに従う必要があります。この指定された方法に従わなければ駐車方法違反となります。以下に駐車方法の指定の標識をご紹介します。

次のページは…

次のページでは更に駐車違反にはどのようなものがあるかを詳しくご紹介いたします。

 

「駐停車禁止」による違反①(駐停車違反など)⇦◎ ➡次のページ・「駐停車禁止」による違反③(高齢者等・時間制限区間)

 

駐車禁止等のメニュー

◆まずは駐車や停車の基本を知りましょう。

駐停車の基本(「駐停車禁止」にならないために)

◆8つの駐車違反のうち「駐停車禁止場所違反」と「駐車禁止場所違反」のご案内いたします。

「駐停車禁止」による違反①(駐停車違反など)​

◆8つの駐車違反のうち「高齢者標章等自動車の特例」や「時間制限駐車区間」などご案内いたします。

「駐停車禁止」による違反③(高齢者等・時間制限区間)

◆駐車違反をしてしまった場合の取締り、手続きの流れ、そして誰が責任を取るのかをご案内いたします。

駐車禁止違反の責任の所在と取締り後の流れ

◆取締りを受けたあとのペナルティと、所有者による弁明の機会をご案内いたします。

駐車禁止違反のペナルティと弁明の機会

【注意!】当事務所からのお願い

当ホームページの情報につきましては常に正確であるよう努力させていただいておりますが、当ホームページの情報を個人的に利用された結果、万が一損害が発生いたしましても、当事務所は責任を負いかねますのでご了承ください。情報のご利用は利用者様の責任においてお願い申し上げます。

処分軽減のご依頼はこちら

運転免許の処分の前に行われる「意見の聴取」にて自己に有利な意見を述べたり書面を提出することで、本来されるべき処分が軽減される可能性があります。また、意見の聴取の機会を逃すとその後はすぐに処分がされるため、軽減のチャンスはほぼ無くなってしまいます。

当事務所では意見の聴取に提出する書面の作成のお手伝いをいたします。やみくもに作成された書面より、根拠を持って作成された書面の方が軽減の可能性が高くなることでしょう。

※駐停車の方法についてはホームページ上でのご案内のみとさせていただき、駐車違反等に関するメール・電話での個別のお問合せはお答えいたしかねますのでご容赦ください。

当事務所のサポート内容はこちら

処分の軽減(免停・取消し)の詳細はこちら

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5912-1703

受付時間:平日10:00~19:00(土日祝は12:00~17:00)

不定休・営業日のご案内はこちら

お問い合わせは全国対応

お問い合わせやご相談等は全国対応しております。遠方の方でもお気軽にお問合せください。

<対応地域>全国対応

北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・茨城・神奈川・栃木・千葉・群馬・山梨・埼玉・新潟・長野・富山・石川・福井・静岡・岐阜・愛知・三重・滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・香川・愛媛・徳島・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5912-1703

気軽にお問合せ・ご相談ください。
※営業日はこちらから

代表プロフィール

行政書士 豊島史久

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

豊島行政書士事務所

03-5912-1703

住所

〒176-0006
東京都練馬区栄町46-3