交通事故・違反の法務はお任せください

交通事故・違反の法務はお任せください

交通事故・違反の法務相談室

〒176-0006東京都練馬区栄町46-3
営業時間に限らず事前のご相談により対応いたします。

03-5912-1703

営業時間

平日10:00~19:00
(土日祝は12:00~17:00)
不定休・営業日はこちらから

意見の聴取に向けて、
お気軽にお問合せください

免停30日(前歴1)今後は特に注意が必要な理由

免停30日(前歴1)今後は特に注意が必要な理由

 「前歴1」による免許の停止や免許の取消しのお問合せがございます。前歴がある場合は軽減の可能性がやはり低くなると考えられますので、そうゆう意味では注意が必要です。しかし、「前歴1」での免許の停止は、本当に注意が必要なことは、前歴1での処分の点数に達する前に、もう繰り返しの違反をしないことなのです。

注意するのは免停30日となった方

 先ほど「本当に注意が必要なことは、前歴1での処分の点数に達する前に違反をしないことです。」とご案内いたしましたが、それは当然なことだから誰でも注意するよ、と思われるかと思います。しかし、免許の停止30日の場合は違反を繰り返してしまう落とし穴が潜んでいます。この落とし穴に気づかず違反を繰り返してしまい、改めて処分される状況になって後悔してしまわないよう、「免停30日」となってしまった方は、繰り返しの違反をしてしまわないよう、本当に注意をしなければなりません。

免停30日の落とし穴

 それではなぜ「免停30日」が特に注意が必要でなのでしょう。以下にその理由をご案内いたします。

処分を受けた実感が薄い(停止処分者講習)

 免許停止の処分となった運転者は「停止処分者講習」を受けることができ、この講習を受けると停止の期間が短縮されます。短縮される期間は元々の停止の期間や、テストの結果で変化します。

それではどれくらい短縮されるかというと以下の表をご覧ください。

講習区分

処分日数

(免停の日数)

短縮日数

(講習で短くなる日数)

成績「優」成績「良」成績「可」
短期講習30日29日25日20日
中期講習60日30日27日24日
長期講習90日45日40日35日

 

 免許の停止期間が30日~90日の講習の内容を抜き出してみました。免許の停止が60日と90日の方はどんなに短縮されても元々の停止期間の半分までしか短縮されません。しかし、停止期間が30日の場合、テストの成績が良ければ29日も短縮されます。つまり、免停30日の場合は結局のところ、1日しか停止期間が無いということです。

 

 実はこの停止期間の短縮により「免許の停止になってしまった」「これで前歴1である」という意識が薄れてしまいます。そうすると次に違反を繰り返さないという意識も薄れてしまいます。とてもとても簡単な理由なのですが、多くの方がその重大さに気付きません。それどころか免停といっても結局1日だしチョロいなあ、と行政処分に対して甘い考えさえ生まれてしまいます。

処分者講習(停止・取消し)

 

前歴1での処分の点数

 前歴1となった方は違反を繰り返すと次にどのような処分がまっているのでしょう。こちらの表は前歴がない人と前歴が1の人の比較です。

 

前歴の回数累積点数期間
前歴がない者6点、7点、8点30日
9点、10点、11点60日
12点、13点、14点90日
前歴が1回である者4点、5点60日
6点、7点90日
8点、9点120日

 

 前歴がない人は6点~8点で免停30日です。しかし、すでに前歴1の方の場合、次の累積点数がたった4点で免停になってしまいます。しかもその期間は60日です。

 それでは前歴がない時点での免停30日となる点数であった6点ではどうでしょう。前歴1+6点では90日の免許の停止になってしまいます。

 

 これは非常に重要です。最初の免停30日の時点では停止処分者講習を受ければ免許の停止期間が実質的に停止の期間は1日でしたが、前歴1での処分となれば30日以上の停止の期間が発生します。前歴1での処分のを受けることとなった方の中には、この事実を知って初めて事の重大さを実感することとなる方も多くいらっしゃいます。

 

 本来は前歴1となった時点で、違反を繰り返した場合の重大さをしっかり認識し、安全運転を心がけなければなりません。

→免許「停止」となる違反点数

→交通違違反の処分の前歴

 

処分の軽減や猶予の可能性は更に低くなります。

 違反点数から決められた処分の内容(6点なら免停30日、15点なら取消しなど)について、本来の処分内容よりも軽くなることを処分の軽減と言います。しかし、処分の軽減は誰もがされるわけではありません。

 それでは前歴のある人は処分の軽減がされるでしょうか。前歴があっても軽減がされないわけではありませんが、やはり前歴があるということは違反を繰り返していると判断されますし、軽減がされる可能性はより低いと考えることが妥当でしょう。

 

 前歴1での免許の停止の危険性は様々な点で影響してきますので、やはり前歴1は注意が必要です。

 

免許の取消しも射程内

 前歴1となれば、小さな違反の累積による免停60日以上のみならず、免許の取消しも射程内になってきます。

 前歴1での免許の取消しは以下のようになっています。

 

前歴1 + 累積10点~19点免許の取消し(欠格期間1年)

 

 前歴1の場合累積10点からが免許の取消しです。「累積10点なんてなかなか溜まらないし、その前に4点で免停となるから取消しにはならないよ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ここにも落とし穴があります。それは速度違反50kmオーバーの場合です。

 

速度違反 50km以上違反点数:12点

 

 速度違反は50km未満であれば6点ですが、50km以上となると一気に12点となります。50km以上の速度違反は高速道路などでは意外に多い違反です。免停30日が実質の停止期間1日に短縮され、ことの重大さに気付くことなく速度違反でいきなり免許取消しということは珍しくありません。後悔してもしきれません。やはり免停30日での前歴1を舐めてかかってはいけません。

→知っておきたい・速度違反50kmと免許取消し

処分軽減のご依頼はこちら

 運転免許の処分の前に行われる「意見の聴取」にて自己に有利な意見を述べたり書面を提出することで、本来されるべき処分が軽減される可能性があります。しかし、意見の聴取の機会を逃すとその後はすぐに処分がされるため、軽減のチャンスはほぼ無くなってしまいます。

当事務所では意見の聴取に提出する書面の作成のお手伝いをいたします。やみくもに作成された書面より、根拠を持って作成された書面の方が軽減の可能性が高くなることでしょう。

当事務所のサポート内容はこちら

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

意見の聴取に向けて、まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5912-1703

受付時間:平日10:00~19:00(土日祝は12:00~17:00)

不定休・営業日のご案内はこちら

 

お問い合わせは全国対応

お問い合わせやご相談等は全国対応しております。遠方の方でもお気軽にお問合せください。

<対応地域>全国対応

北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・茨城・神奈川・栃木・千葉・群馬・山梨・埼玉・新潟・長野・富山・石川・福井・静岡・岐阜・愛知・三重・滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・香川・愛媛・徳島・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5912-1703

意見の聴取の主張に向けて、気軽にお問合せ・ご相談ください。
※営業日はこちらから

代表プロフィール

行政書士 豊島史久

親切・丁寧な対応をモットーとしております。意見の聴取に向けてお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

豊島行政書士事務所

03-5912-1703

住所

〒176-0006
東京都練馬区栄町46-3