交通事故・違反の法務はお任せください

交通事故・違反の法務はお任せください

交通事故・違反の法務相談室

〒176-0006東京都練馬区栄町46-3
営業時間に限らず事前のご相談により対応いたします。

03-5912-1703

営業時間

平日10:00~19:00
(土日祝は12:00~17:00)
不定休・営業日はこちらから

意見の聴取に向けて、
お気軽にお問合せください

「意見の聴取通知書」が届いたらどうする

「意見の聴取通知書」が届いたらどうする

 警察から「意見の聴取通知書」が届いた方は以前に交通事故や交通違反をしてしまった覚えがあるのではないでしょうか。意見の聴取通知書とは、交通事故や交通違反のために90日の免許の停止以上の行政処分がされる予定である方に対して行われる「意見の聴取」という手続きに来てください、というお知らせです。

 さて、この「意見の聴取通知書」ですが、お役所からの手続きの通知で面倒くさいなぁ、と済ませてしまうには非常にもったいないものなのです。

 それでは「意見の聴取通知書」が届いたら何をすべきでしょうか。これを知っておくだけでもしかすると免許の停止の期間が短くなったり、取消しが停止に軽減されたりするかもしれません。

当事務所のご紹介

 当事務所では意見の聴取での主張、処分の軽減等のお手伝いをさせていただいております。詳しくはこちらをご覧ください。

詳しくはこちらをクリック

意見の聴取というイベントはどんなもの?

 意見の聴取通知書にてお呼ばれした「意見の聴取」というイベントはどのようなものでしょう。これは、警察が点数に従ってされる処分(免停や取消し)が適正であるかを最終的に判断するために、処分がされる本人から意見を聞くというイベントです。

 

 免許の停止や取消しは違反点数の合計で決まります。しかし、点数は個人の事情などは考慮されていないこともあり、あくまで点数の積み重ねから機械的に処分が決まります。そのため、点数に従って停止や取消しがされる人たちの中には、点数通りの処分では適切でない人もいるはずです。そのため、警察は処分(免許の停止、取消し)を行う前に、意見の聴取において対象者全員の話を聞き、処分が適正であるかどうかを判断するのです。

警察に主張ができるチャンス

 意見の聴取とは警察(公安委員会)が今からしようとする処分が適切であるかどうかを判断するイベントです。そのために対象者全員から意見を聞く機会を設け、意見の聴取通知書を送るのです。

 これは処分(免許の停止、取消し)をされる側としては自分の意見を主張できる大きなチャンスです。自分がしてしまった事故や違反について、事由に意見を言うことができるのです。また、意見を述べるだけでなく、自分にとって有利な資料などを提出することも可能です。必要に応じて補佐人を連れていくこともできます。

 このページを読まれている多くはまだ意見の聴取に参加したことがない方だと思いますが、処分がされる方に対して本当に意見を述べる機会が与えられます。もちろん大勢の方が集まるため、対応は事務的であったり、流れ作業のような感じを受けるでしょう。しかし、意見を述べる場はしっかりと与えられます。

意見の聴取の結果

 意見の聴取に出席して意見を述べた場合、点数により決められた処分より軽減される可能性があります。免停90日の方が軽減されて免停60日以下になったり、取消しの方が軽減されて免停180日以下になったりもします。

 これらは意見を述べれば必ず軽減されるものではありません。意見がしっかりとしたものであり、軽減の価値があると認めてもらわなければなりませんので、簡単ではありません。しかし、しっかり意見を主張された方の中には実際に軽減される方がいます。つまり、意見の聴取に積極的に参加することで、軽くなることなんて考えたこともなかった免停や取消しが、実は軽減される可能性が生まれるのです。まずは警察なんて頭が固く融通なんで聞いてもらえるわけがない、という固定観念を拭い去るところから始めましょう。

 

「意見の聴取通知書」が届いたらどうする

それでは「意見の聴取通知書」が届いたらどうしたら良いのでしょう。以下のいくつかを挙げてみました。

①、必ず出席できるようスケジュールを調整する

②、公安委員会などに主張したいことを考えておく

③、書面の提出を考えているのであれば書面を作成する

 

 ①について、まずは出席することが重要です。どうしても出席できないときは代理人に行ってもらうことも可能ですし、やむを得ない事情があれば延期をしてもらうことも可能なこともあります。(必ず意見の聴取通知書に記載された連絡先に事前に連絡してください!)

 

 ②、③について、意見の聴取とはどの様なイベントであるかをしっかり把握して参加することが重要です。しっかりと把握しておけば準備もできますし、当日には意見も述べることができるでしょう。「意見の聴取というものに呼ばれ、良く分からないまま会場に座っていたら、結局は免許が取り消された」ではもったいないと思います。出来るだけの準備を行っておくことで自信をもった主張をすることができ、処分が軽減される可能性も大きくなることでしょう。

最後に

 意見の聴取通知書が届いたとき、面倒な警察の手続きだと放置するのでなく、積極的に活用するような意識を持つことをお勧めします。免許の停止や取消しがされる予定であるため、意見の聴取通知書が届けば、それは処分される日が知らされたということであり、気落ちしたり自暴自棄になってしまいがちです。しかし、少ない可能性でも積極的に対応することで良い結果が得られるかもしれません。また、頑張った結果が軽減されなくても自分が精一杯やった結果なので受け入れられるかもしれません。

 みなさん初めてのことなので何をして良いか分からないと思います。まずは情報を収集し、ベストを尽せるよう祈っております。

 

処分軽減のご依頼はこちら

 運転免許の処分の前に行われる「意見の聴取」にて自己に有利な意見を述べたり書面を提出することで、本来されるべき処分が軽減される可能性があります。しかし、意見の聴取の機会を逃すとその後はすぐに処分がされるため、軽減のチャンスはほぼ無くなってしまいます。

当事務所では意見の聴取に提出する書面の作成のお手伝いをいたします。やみくもに作成された書面より、根拠を持って作成された書面の方が軽減の可能性が高くなることでしょう。

 

当事務所のサポート内容はこちら

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

意見の聴取に向けて、まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5912-1703

受付時間:平日10:00~19:00(土日祝は12:00~17:00)

不定休・営業日のご案内はこちら

 

お問い合わせは全国対応

お問い合わせやご相談等は全国対応しております。遠方の方でもお気軽にお問合せください。

<対応地域>全国対応

北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・茨城・神奈川・栃木・千葉・群馬・山梨・埼玉・新潟・長野・富山・石川・福井・静岡・岐阜・愛知・三重・滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・香川・愛媛・徳島・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5912-1703

意見の聴取の主張に向けて、気軽にお問合せ・ご相談ください。
※営業日はこちらから

代表プロフィール

行政書士 豊島史久

親切・丁寧な対応をモットーとしております。意見の聴取に向けてお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

豊島行政書士事務所

03-5912-1703

住所

〒176-0006
東京都練馬区栄町46-3